« 魚屋 『がぶ』さん♪ | トップページ | 世界NO1のマルゲリータ♪ »

2011年10月 3日 (月)

ろうどく・倍音☆

以前、キンキン塾にいらした萩原房江さんが、

倍音というグループで出られてる朗読劇に行

ってきました

場所は、玉川学園文化センターホール

萩原さんは、怪談の名手・泉 鏡花作の『ばん

がり』という作品を読まれたのですが・・・

ホントに恐い~ 怪談以上に凄絶な現実の

男女のやり取りを描いた佳作・・と説明にある

けど、実話なんだろうか

別れの際に、好いた男の思い出の品にと女が

望んだものが、なんと小指 

しかも、刀で落とすんじゃなくて、女が歯で噛み

切った 噛み切っておいて、「お手当ていた

しましょう・・・」なんて恐すぎる

指を噛み切る場面は、読んでてぞっとするって

おっしゃったけど、聞いてる方も鳥肌ものです

エディット・ピアフの話もよかったなぁ・・・いつも

面白い本をセレクトされてて、勉強になります

|

« 魚屋 『がぶ』さん♪ | トップページ | 世界NO1のマルゲリータ♪ »

コメント

お手当てしましょうか?なんて怖すぎる

投稿: レオ | 2011年10月 9日 (日) 15時52分

レオさんへ

(血で)真っ赤に染まった口で・・・
なんて描写もあったから、余計に
不気味でしたよ

投稿: 木村なおみ | 2011年10月10日 (月) 03時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ろうどく・倍音☆:

« 魚屋 『がぶ』さん♪ | トップページ | 世界NO1のマルゲリータ♪ »